会社で常務に言われたえらい人の言葉

朝礼や終礼にも使えるいい話シリーズ
「結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。
決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。」
byイチロー

どんなにつらい仕事でも、結果が出たときの達成感があるから頑張れる、という人も多いでしょう。

しかし、物事は、必ずしもよい結果がついてくるというわけではありません。何ヶ月も、何年もかけて進めてきた話が一瞬で立ち消えになり、すべてが水の泡、ということもあります。

しかし、あんなに努力をしたのにと嘆くばかりでは、思ったような結果が出なかったことが「ただの失敗」になってしまいます。

すべての努力は、自分の糧になり、次へ繋げる原動力になります。

「ただの失敗」を「価値ある結果」に変えるには、結果を受け入れ、次に活かしたいという自分の姿勢にあるのです。

 

 

人に好かれたいなら人を好きになれ
優しくされたいなら優しくしろ
信じて欲しいならまず自分の方から信じてみろ
俺は俺を信じて欲しいからおまえを信じるよ
by 川藤幸一
人に交わるには 信を以ってすべし
おのれを信じて 人もまたおのれを信ず
人々愛(相?)信じてはじめて
自他の独立自尊を 実にするを得べし
by 福沢諭吉

最近ルーキーズをまた観ました。

下の福沢諭吉の言葉は、川藤先生が
福沢諭吉の言葉として言ってました

意味は上のやつですよね

これを実践すれば人間関係はうまくいくという
コミュニケーションの基本です

コメント