ブリーチなのに傷みを感じない!?ファイバープレックスでケアブリーチがオススメ

おすすめメニュー

今までブリーチはボロボロに傷むのが常識

はい、ブリーチすればボロボロになるのが常識でした

かなり強い力で無理やり脱色ですからね、仕方ないですね><

しかも頭皮も痛いし、みんな我慢しながらやりますよね

 

そこで登場したのが、ファイバープレックス

 

枝毛、切れ毛94%カット!

ドイツの研究所で実際に出た研究結果です。

 

うちのお店でも出た当初試してみたところ

まず、頭皮にしみなかったんですよね

※人によってはしみることもあるので注意

 

ケアブリーチ後カラー

 

ブリーチで色を抜いたあと、その上から明るめのカラーを乗せた色です

ブリーチしないと出ない透明感が出ます。

 

その後このお客様から話を聞いたところ

ブリーチをしたって感じの傷みはなく、

むしろ髪の毛ツルツルだったみたいで、伸びてきたときに再度ブリーチをして

今でも定期的にブリーチをしています

 

使い方

計量

まずブリーチのお薬を作る際にブリーチ剤+6%のお薬の総量を計算します

ブリーチ30g、6%を90gで作る場合、送料は120gになります

その120gに対して、5%の量のファイバープレックスの1剤を混ぜます

120gの場合は6gのファイバープレックスを入れて、一緒によく混ぜて、ブリーチをしていきます。

 

塗布、放置後、お流し

カラーチェック等をして、しっかり色が抜けてきたらお流しをします

しっかりシャンプー台でお流ししたあと、ファイバープレックスの2剤を髪の毛につけて

そのまま5分放置します。

これは、この後ダブルカラーをする場合でも、このタイミングで2剤をつけます

 

ファイバープレックスの操作はここまでです。

 

今では後発品も出ています

例えばこのミルボンから出ているマイフォース。

これはファイバープレックスのように2剤にシリコンが入っていないので

5分放置する必要もなく使えます

レブリン酸がキーワードのようです

 

最後に

 

このように最近では、今までのように傷むという理由で

ブリーチはちょっと・・・って避けてきた方でも

比較的安心してブリーチに挑戦できるようになっています

是非ブリーチをあきらめていた方はやってみてはいかがでしょうか?

 

注意:ブリーチをした髪の毛は、パーマや縮毛矯正ができなくなります

 

コメント